2D 3D 3DCG 3Dモデル AERA AI Blender CG CG制作 CG塾 Co-Lab CSJ GPCR HORROR impact factor in vitro meat Lab MMD neuron Oculus PDB PDF Processing science Science CG Science CG塾 Sculptris Shojinmeat STLデータ Supporting Information VR YouTube お好み焼き ただの日記 りけぷら アウトリーチ アキバカルチャー アドバイザー アニメーション アート イベント イラスト イラストレーション オブジェクト ガラス キャラクターアニメーション クリエイター ケーキ コミケ コンテンツ サイエンスCG サイエンスアゴラ サイエンスコミュニケーション サイト サブカル スカルプト スカルプトモード タンパク質 ダウンロード チュートリアル テクニック デジタル デジハリ データねつ造 データベース データ視覚化 データ量 ニコニコ ハコスコ バーチャルリアリティー (VR) フィルム フリーソフト ブログ プレゼンテーション ヘラ? ポスター メッシュ メディア メディカルアート モデリング モデル再利用 モノづくり ラフ画 リアル レポート作成 ロボット 企画提案 再生医療 分子生物学 利用方法 制作依頼 制作費用 動画 動画制作 化学 反射 取材 培養肉 培養食肉 学会 学会ポスター 学園祭 実験器具 展示会 広報 心拍 感動 技術部 教育 旭硝子 未来予想 未来食 材料 海外 発表 白黒 相場 研究 研究アウトリーチ 研究成果 研究発表 神レベルCG 科学 科学イラスト 科学コミュニケーション 科学フェスタ 科研費申請 細胞 細胞培地 細胞培養 結婚式 絵コンテ 自習方法 色使い 英語 著作権 薄い本 血管 見栄え 見積もり 視覚化 設計図 評論本 説明 資料 赤血球 電子論文 電気泳動 食べてみた

科学フェスタにてCG説明図画を使ってみた件

2016/11/21 20:16
先日、化学フェスタにて発表に行ってきました。 ポスター発表だけのイベントで全体で1000件以上の発表がある、巨大なイベントでした。 僕はバイオマテリアル関連でやってきましたが、一番驚いたのは内容の多様さ。 バリバリの合成系の方もいれば、電池材料の開発など 企業ブースも刺激的な技術を展示しており、各企業の技術競争が如実に表れていたと思います。 同じバイオなのに、壁を挟んで隣の島には 「深海底の土壌に含まれる金属」の発表だったり「合成生物学」だったりとカオスの..

続きを読む

3Dモデルで色々遊んでみようと思う計画

2016/11/13 19:15
3DCGに手を出し始めて早2年。 色々やってきましたが、そろそろただ画像や静止画を作って公開するだけでは 面白くない。そんな時期がやってきました。 というわけで・・・ 3Dモデルの活用の幅をもっともっと広げたいと思います。 実は最近、映像表現が得意な同級生と意気投合しまして 色々やってみようという話になったわけです。 彼の興味は音やネット上のデータを、映像に落とし込むことだそうで とりあえず音を使った遊びが出来ないか?てなことになりました。 ..

続きを読む

サイエンスアゴラ2016にてポスター発表をしてきました!

2016/11/08 17:30
11/3~6で科学未来館にて開催された「サイエンスアゴラ2016」にてポスター発表をしてきました。 内容は動物を殺さずに作る純肉(培養肉)です。 うちの代表のツイート ポスターが貼ってあったブース以外でも、萌えと培養肉を共存させた発表で聴衆を向こう側の世界へ誘い込んだようです。 サイエンスアゴラで展示していたポスターです pic.twitter.com/5NtXJDSnFi— Shojinmeat Japan (@shojinmeat_jp) ..

続きを読む

【動画PDFの衝撃!】PDF動画を簡単に作れるソフトが開発されたらしい

2016/11/07 21:12
以前一度、AdobeのPDFに動画を組み込む機能について触れたことがあります。 僕はこの1年、紙の論文誌を読んだ覚えがありません。 最近はほとんどの論文誌が電子化されているため、ネットに繋がりさえすれば論文にアクセス出来るようになっています。(読むライセンスを持っていればですが。) 加えて、論文内に載せられ無かった動画は、"Supporting Information"として別にダウンロードも可能だったりします。僕が頻繁に読むバイオマテリアル関連では、作..

続きを読む

CG制作は使用時のことを考えてから・・・。 ~科研費申請編~

2016/11/07 00:42
先週の事です。 僕はとある方から科研費申請の書類に載せる図画を描いてほしいと言われ、いつものようにCG制作をやっていました。 色々と手の込んだのを作ったのですが、後で言われて思い出したのは 「最終的な科研費申請書類は白黒書類になる」 ということでした。 いつものノリで作ったのが仇になったか・・orz CGを作る上で白黒はかなりの縛りです。 というのも、環境効果や色彩のが意味の薄いものになってしまうからです。 その反面、「キチンと見た目を作り込ま..

続きを読む

具体的なケースで動画制作の見積もりを安くする方法を考える  ~表現の取捨選択~

2016/10/23 19:01
前回の記事では、CG制作費用の目安について言及してみました。今回はその関連する、 「どうやったらScience CG動画の見積もりを安く出来るか??」 について書こうと思います。 動画はその尺や盛り込む表現内容によって値段が大きく変動します。 特に複雑な形状変化のアニメーション(例:ウネウネと動く物体や流体の表現など)は制作に時間を要するので、それらを盛り込むと¥100万を超えることはザラにあります。 なので僕は制作依頼の相談を受けた際、本当にそ..

続きを読む

CG制作の相場っていくらなの??

2016/10/23 17:09
突然ですが、皆さんはCG動画制作の相場をご存知でしょうか? 多くの方に知られていないことだと思います。 以前、「研究者のイラストレーションの実態」についての記事で制作費用が、かなり安く想定されていることを書きました。 サイエンスイラストレーションがまだ未発達な日本において、研究者がイラスト依頼をすること自体が珍しいため、無理もありません。 そこで今回は、イラストレーションの中でも特にC見栄えを求めるCG制作の費用について、さらに詳しく言及し..

続きを読む

【制作委託を考えている方向け】制作を安く早く済ませるために必要な3つのアイテム

2016/10/15 18:02
最近、制作案件を請け負っている中でひしひしと感じることがありました。 今日はそのことについて書こうと思います。 研究者のみならず、ほとんどの方はCGクリエイターがどのような手順を踏んで 制作を行っているかはご存じないでしょう。専門的な内容なので無理もありません。 一方で、研究費など様々な諸事情により安く短期間で依頼を頼みたいのは皆同じでしょう。 「依頼するテクニック」を知っていればスムーズに進行できます。 今日はそのために必要な3つのアイテムを紹介します。..

続きを読む

研究者の説明図画制作  ~制作依頼に対するの意識調査~

2016/10/07 14:15
皆さんは、研究発表にイラストは使ってますか? 先日面白い資料を読んだので、今回はその記事にしようと思います。 テーマは「科学者によるサイエンスイラストレーション作成の実態」という調査報告です。 筑波大学の先生を中心に設立されたサイエンスビジュアライゼーション研究会が手掛けたものです。 この調査報告では、イラストの使用の意義を (1)直感的な理解 (2)詳細な情報の正確な伝達 (3)即時性 (4)強烈な記憶形成 としています。 研究分..

続きを読む

Science CG アドバイザーって何する仕事なの?

2016/10/03 18:50
最近何人かの方から僕の仕事について質問されたので、この場を借りてお答えしようと思います。 質問内容は 「Science CGアドバイザーって何する仕事なの?」 です。 まず大前提として言えるのは、「Science CG アドバイザー」は僕が勝手に名乗り始めた 肩書であり、資格があるわけでも、ましてや世間一般に認知されてすらいない職業です。 なので決まりきった「こんな仕事」というものは有りません。 敢えて言うならば、Science CG..

続きを読む

プロポーショナル編集でニュアンス付けをやってみた。

2016/09/28 17:00
今日は少しだけテクニック寄りの内容を書こうと思います。 最近、個人制作で腸の細胞の模式図を作ってみようと思いました。 デフォルメの立方体を編集モードで変形させて、とりあえず下の様な物が出来上がりました。 突起は繊毛と言われ、細胞表面積を大きくし栄養吸収を効率にするために存在するとされます。 これはこれで悪くは無いのですが、どうにも有機的ではない印象がします。 どちらかと言えば、ただの数学の図形問題を見ているような印象です。 実際の細胞は..

続きを読む

多孔質フィルムを作製するBreath Figure法

2016/09/27 22:25
ホントに久しぶりの投稿になってしまいました。 最近、研究をしていて面白い実験手法が発表されていたので書いてみます。 突然ですが、「多孔質フィルム」と聞いてイメージは湧くでしょうか? 下の画像のような、細かな穴が無数に空いた構造のフィルムです。 蓮の葉の表面の微細構造を人工的に模倣することにより、超撥水性の材料を 作る研究などが実際に行われています。 ところでこの構造、どうやって作るのでしょうか? そのカギとなる手法が「Breath F..

続きを読む

人気記事

最近のコメント