2D 3D 3DCG 3Dモデル AERA AI Blender CG CG制作 CG塾 Co-Lab CSJ GPCR HORROR impact factor in vitro meat Lab MMD neuron Oculus PDB PDF Processing science Science CG Science CG塾 Sculptris Shojinmeat STLデータ Supporting Information VR YouTube お好み焼き ただの日記 りけぷら アウトリーチ アキバカルチャー アドバイザー アニメーション アート イベント イラスト イラストレーション オブジェクト ガラス キャラクターアニメーション クリエイター ケーキ コミケ コンテンツ サイエンスCG サイエンスアゴラ サイエンスコミュニケーション サイト サブカル スカルプト スカルプトモード タンパク質 ダウンロード チュートリアル テクニック デジタル デジハリ データねつ造 データベース データ視覚化 データ量 ニコニコ ハコスコ バーチャルリアリティー (VR) フィルム フリーソフト ブログ プレゼンテーション ヘラ? ポスター メッシュ メディア メディカルアート モデリング モデル再利用 モノづくり ラフ画 リアル レポート作成 ロボット 企画提案 再生医療 分子生物学 利用方法 制作依頼 制作費用 動画 動画制作 化学 反射 取材 培養肉 培養食肉 学会 学会ポスター 学園祭 実験器具 展示会 広報 心拍 感動 技術部 教育 旭硝子 未来予想 未来食 材料 海外 発表 白黒 相場 研究 研究アウトリーチ 研究成果 研究発表 神レベルCG 科学 科学イラスト 科学コミュニケーション 科学フェスタ 科研費申請 細胞 細胞培地 細胞培養 結婚式 絵コンテ 自習方法 色使い 英語 著作権 薄い本 血管 見栄え 見積もり 視覚化 設計図 評論本 説明 資料 赤血球 電子論文 電気泳動 食べてみた

血管断面の様子をイメージしてみた。

2016/12/06 13:22
こんにちは。最近新しい映像コンテンツができたので、発表しようと思います。 皆さんは血管内部をどのように血液が流れるのか、をイメージしたことはありますか? 血液中には赤血球はもちろん、血小板やアルブミン蛋白など多数の成分が含まれています。 また心拍によって流れる量は規則的に増減します。 病院でよく見る心拍センサーはこれを応用して作っているのです。 個人的には血液の様子を映像で見れたら面白いと思っていました。 そんなわけで今回は、血液の流れを視..

続きを読む

キネシンを歩かせてみた

2016/11/29 01:00
PDBの活用方法を探っているなか、ふとこんなことを思いつきました。 「そうだキネシンの動きだったらアニメーションにしたらオモロイかも」 そんなわけでPDBからキネシンタンパクのモータードメインを取ってきました。 下の動画でザックリ作り方を説明しました。 勿論僕は財政的に厳しい理系人間なので、全部フリーソフトでやりました。 制作時間は調べながら1時間くらいでした。本当なら30分で作りたいところ。 やったー!!できたーーー! などと思って..

続きを読む

具体的なケースで動画制作の見積もりを安くする方法を考える  ~表現の取捨選択~

2016/10/23 19:01
前回の記事では、CG制作費用の目安について言及してみました。今回はその関連する、 「どうやったらScience CG動画の見積もりを安く出来るか??」 について書こうと思います。 動画はその尺や盛り込む表現内容によって値段が大きく変動します。 特に複雑な形状変化のアニメーション(例:ウネウネと動く物体や流体の表現など)は制作に時間を要するので、それらを盛り込むと¥100万を超えることはザラにあります。 なので僕は制作依頼の相談を受けた際、本当にそ..

続きを読む

CG制作の相場っていくらなの??

2016/10/23 17:09
突然ですが、皆さんはCG動画制作の相場をご存知でしょうか? 多くの方に知られていないことだと思います。 以前、「研究者のイラストレーションの実態」についての記事で制作費用が、かなり安く想定されていることを書きました。 サイエンスイラストレーションがまだ未発達な日本において、研究者がイラスト依頼をすること自体が珍しいため、無理もありません。 そこで今回は、イラストレーションの中でも特にC見栄えを求めるCG制作の費用について、さらに詳しく言及し..

続きを読む

社内でScience VR検討会をやってみた! 「使い道」が重要という事実

2016/08/07 10:49
3日ぶりの投稿です。 今回は昨日僕が所属する会社「インテグリカルチャー株式会社」 で行ったバーチャルリアリティー(以下VR)検討会の記録について書こうと思います。 メディアでも度々報道されていますが、VRは広告やアトラクションなど様々な範囲で 応用が期待されています。これから益々成長が期待されるメディアです。 かくいう僕らも3DCG制作を扱っているのもあり、VRの科学表現への仕様は非常に 興味がある分野です。 「現実世界なら体験できないことが体験でき..

続きを読む

CG量産の秘訣 ~貰う事の重要性~

2016/02/07 16:10
どうも、「現実逃避」という言葉が頭にチラついているKeitaです。 卒論やらなんやらでブログの更新が滞っていましたが、今日こそは!! と思いパソコンに向かいました。 僕は「研究生活を支えるCG」を掲げて普段創作しています。 色んなエフェクトやらを追加するのではなくて、なるべく簡便に高品質な 研究説明図画の制作を目指しています。 しかし、そうであってもCGを創るには時間が要ります。 例えば、僕の普段の制作は主に以下の作業で進んでいきます。 ・3D..

続きを読む

3DCGを学んで分かった、サブカル文化人の3つの凄味

2015/11/29 12:28
おはようございます。歯科矯正中で滑舌が最悪なKeitaです。 そろそろ、CGを学び始めてから丁度1年が経つ時期に差し掛かってます。 そろそろ、自分も次のステージに上がって行かなくては、と考える日々です。 今日は僕が1年間サイエンス3DCGを学んだことによって、どのような変化が自分に起きたか お話ししようと思います。 それは、、 「サブカルに対する姿勢、考え方が180度変化したこと」にあります。 どのように変化したかというと、 ..

続きを読む

人気記事

最近のコメント