2D 3D 3DCG 3Dモデル AERA AI Blender CG CG制作 CG塾 Co-Lab CSJ GPCR HORROR impact factor in vitro meat Lab MMD neuron Oculus PDB PDF Processing science Science CG Science CG塾 Sculptris Shojinmeat STLデータ Supporting Information VR YouTube お好み焼き ただの日記 りけぷら アウトリーチ アキバカルチャー アドバイザー アニメーション アート イベント イラスト イラストレーション オブジェクト ガラス キャラクターアニメーション クリエイター ケーキ コミケ コンテンツ サイエンスCG サイエンスアゴラ サイエンスコミュニケーション サイト サブカル スカルプト スカルプトモード タンパク質 ダウンロード チュートリアル テクニック デジタル デジハリ データねつ造 データベース データ視覚化 データ量 ニコニコ ハコスコ バーチャルリアリティー (VR) フィルム フリーソフト ブログ プレゼンテーション ヘラ? ポスター メッシュ メディア メディカルアート モデリング モデル再利用 モノづくり ラフ画 リアル レポート作成 ロボット 企画提案 再生医療 分子生物学 利用方法 制作依頼 制作費用 動画 動画制作 化学 反射 取材 培養肉 培養食肉 学会 学会ポスター 学園祭 実験器具 展示会 広報 心拍 感動 技術部 教育 旭硝子 未来予想 未来食 材料 海外 発表 白黒 相場 研究 研究アウトリーチ 研究成果 研究発表 神レベルCG 科学 科学イラスト 科学コミュニケーション 科学フェスタ 科研費申請 細胞 細胞培地 細胞培養 結婚式 絵コンテ 自習方法 色使い 英語 著作権 薄い本 血管 見栄え 見積もり 視覚化 設計図 評論本 説明 資料 赤血球 電子論文 電気泳動 食べてみた

科学フェスタにてCG説明図画を使ってみた件

2016/11/21 20:16
先日、化学フェスタにて発表に行ってきました。 ポスター発表だけのイベントで全体で1000件以上の発表がある、巨大なイベントでした。 僕はバイオマテリアル関連でやってきましたが、一番驚いたのは内容の多様さ。 バリバリの合成系の方もいれば、電池材料の開発など 企業ブースも刺激的な技術を展示しており、各企業の技術競争が如実に表れていたと思います。 同じバイオなのに、壁を挟んで隣の島には 「深海底の土壌に含まれる金属」の発表だったり「合成生物学」だったりとカオスの..

続きを読む

【動画PDFの衝撃!】PDF動画を簡単に作れるソフトが開発されたらしい

2016/11/07 21:12
以前一度、AdobeのPDFに動画を組み込む機能について触れたことがあります。 僕はこの1年、紙の論文誌を読んだ覚えがありません。 最近はほとんどの論文誌が電子化されているため、ネットに繋がりさえすれば論文にアクセス出来るようになっています。(読むライセンスを持っていればですが。) 加えて、論文内に載せられ無かった動画は、"Supporting Information"として別にダウンロードも可能だったりします。僕が頻繁に読むバイオマテリアル関連では、作..

続きを読む

【使用注意】CGのリアリティーを活用するタイミングを間違えると・・・。

2016/10/15 19:14
どうも、こんばんにちはです。 いつもの様にCGを制作しているとマズイことに気が付きました。 細胞の蛍光画像がBlenderでねつ造出来てしまう可能性です。 色々設定を加えましたが、少し慣れれば簡単に作れてしまいます。 何となくリアリティーに欠ける部分があるとは思いますが、蛍光画像を使い慣れていない人に 見せたら判別が付かない可能性もあります。少なくとも、研究の説明図画で使うのは避けた方が いいでしょう。誤解を生まないためにも・・・・ ..

続きを読む

Science CG塾 ここまでに至るまでの経緯イロイロ

2016/07/31 22:34
さてさて、今回は僕が講師を務めるScience CG塾の話でも書こうと思います。 少しずつ「CG塾について知りたい」という方が出てきたので丁度良いタイミングだと思いました。 特に「今まで運営でどんな改善をしてきたのか?」を書き記しておきます。 CG塾は去年の春ごろから本格稼働し、現在では第6期になっています。 「CG未経験でも、ノートPCでも、初期投資ゼロでも作れるScience CG」 に推しポイントに運営してきました。 ただし、こういう今までに..

続きを読む

【妥協じゃないよ!?】(敢えて)サイエンティフィックに表現しないという方法

2016/05/05 15:45
こんにちは、Keitaです。 そろそろ家を出て遊び回りたくなってきました。CGの勉強に熱中しているとはいえ、 家に引きこもるのは良くないですな。 さて、この1週間であることに気付いたので、話をまとめてみようかと思います。 最近感じたことですが、伝える人によっては敢えてサイエンティフィックな表現を避けた方が良い場合がありそうです。 最近聞いた話ですが、某化学系メーカーでは企画部の人が文系の人中心の上層部に向け、新製品企画を発表しなくてはいけないらしく、..

続きを読む

発足半年を機に、ブログの行き先を考えてみた。

2016/05/02 17:10
このブログを立ち上げたのは、確か昨年の秋ごろだったと思います。 そこから今日までで半年以上が経過しました。 これまで結構な数のScience CGやらスキルについて言及してきました。 が、扱っている内容が少しずつ広がってきたので、ここで改めて今後の方針を考えてみました。 半年に一遍はこういうのも悪くないでしょう。 1.ぼくがこのブログを通して何を伝えたかったのか?? まずこのブログ全体の意義は、 「一般の研究者向けのサイエンス..

続きを読む

もっと見る

人気記事

最近のコメント