東京芸大に「メディカルアート」観に行ってきました。

ジム通いで慢性的筋肉痛に悩むKeitaです。 今日は真面目な話をしよう!(鼻☆塩☆塩) 昨日、東京芸大で行われた展覧会 「はじまりは、久米桂一郎から」 を見に行ってきました。 久米桂一郎さんとは、その昔東京芸大で長年教壇に立っていた 解剖美術の先生だったらしいです。 医学の視覚化に多大なる貢献をした方であります。 僕は普段から「サイエンス3DCG」を掲げて活動…

続きを読む

師匠の動画見つけた!!

こんちは!6時間半寝てもスッキリしないKeitaです。 ニコニコ動画で動画を漁っていたら、こんなものを見つけました。 【ニコニコ動画】ミクとレーザー植物工場 僕にCGを教えてくれた師匠(兼今の上司)が作ったアニメーションです。 内容は最近話題の「植物工場」 勿論サイエンス3DCG仕様になっています。 ソフトも基本的にはBlenderとAviUtlしか使っていません。 …

続きを読む

初めてサイエンスCGを見る人と対話して分かったこと。

どうもです。 「養命酒+牛乳」が好みのKeitaです。 先日の投稿にも書きましたが、2週間前に学園祭にてサイエンスCGの展示会をやってきました。 しかも、初の個人展示。 今思えば、結構勇気の要ることやってたんではないか? ・・・と考えたりします。 さて、それはそうと個人展示をやっていて気付いたことがありました。 特に初めてサイエンスCGを見た人と接していて気が付いたこと…

続きを読む

ミクの手も借りたい。実験手伝ってくれ。

課題に追われて、てんてこまいになってるKeitaです。 若干現実逃避気味ですが、「大丈夫だ、問題ない!」・・・・ と思い込んでます。 実験が忙しくなってきたので、代わりにミクに実験して貰っている状況を 想像してみたりしてます。 こんなイメージ。 僕が頻繁に使っている装置です。ポリマー溶液から簡単に繊維を作ることが出来ます。 操作条件をコントロール…

続きを読む

Oculusをやってみて分かったこと。 ~VRの現状と今後~

こんにちは、夕飯後のヨーグルトで便通に回復の兆しが見えたKeitaです。 先日、学園祭の個人展示にてOculusを使用したVRの展示をやってみました。 Oculusの基本的原理は、左目用と右目用それぞれの動画を並べ同時に見ることで 立体視することになります。 色々とPCの設定がややこしく苦労する点が多かったですが、なんとか 展示にこぎつけた・・・・という感じでした。 …

続きを読む

「Welcome to Lab!!」 完成しました!

どうも、二度寝が治らないKeitaです。 動画制作に手間を掛けてしまいました。 ですがお陰で良い作品になったと思います。 キャラクターアニメーションは今作が初挑戦でしたが、やはり難しかったです。 何よりも自然な動きにするのはホントにスキルレベルが高い、と感じました。 これだけで職業が成立する理由が分かります。 ところで、今回はサブカルの力をひたすらに借りました…

続きを読む

未来の食産業をイメージしてみた!! Part2

昨晩の夜11時までの実験で疲労が溜まっているKeitaです。 なんだか、目がショボショボしてきました。 さて、それはさておき以前の投稿を覚えてますでしょうか? 「未来の食産業をイメージしてみた!!(食肉加工編)」 忘れてしまった方、まだ見ていない方はこちら↓ http://sciencecg.seesaa.net/article/426471982.html …

続きを読む

TEDでも認められた!!Science CGの威力

毎日2杯のコーヒーが手放せないKeitaです。 皆さんはTEDスピーチをご存知でしょうか? 世界中から各業界で認められた方々が自身の経験をもとにプレゼンをする場です。 世界中でイベントが行われており、日本でも毎年開催されています。 日本人からは茂木健一郎さん(脳科学者)が出演したことで有名です。 彼はTEDスピーチの場で、科学の楽しさを語りました。 私も、いつかあの壇…

続きを読む

仮想実験空間 ~前半~

豆腐といえば、絹よりも木綿が好きなKeitaです。 前回の投稿から随分時間が空いてしまいましたね。 いくら簡単とはいえ、大きなものをCG動画を創ろうとすると時間が 掛かります。仕方ないと思って下さい。 あと、PCのスペックが低いので、画質はそこまでよろしくありません。 CGをガチでやるなら、そろそろ買い替えを考えても良い頃かもしれません。 前回は「仮想実験空間」の導入…

続きを読む

実験室丸ごとモデリング part2 ~仮想実験空間~

前回からチョコチョコ作業をしています、「仮想実験空間」第2弾です。 今回は実験室モデリングが一通り終了しまして、動画を制作してみました。 短時間でここまでの動画を作ってくれるBlender 3DとAviUtlに感謝!!! 実はまだ未完成です。 ここにキャプションやら各種解説を加えて行こうと思ってます。 外部の人にも 「生命科学系の実験室ってこんなか…

続きを読む

「ラボ丸ごとモデリング!」 ~途中経過~

大きな計画が進行中です!! なんと・・・3DCGでラボを丸ごとモデリングしてしまえ! というものです。 結構大変なんでやるにあたってある程度覚悟が必要でした。 ですが3DCGみたいな技術って、手間暇かけた物こそ、本当に見せる価値が あると言いますか。 科学者の本分は 「分かりやすく伝えること」なんですが、 今回は 「人を感動させること」を目標にしたいと思…

続きを読む

RobotArmの動きを再現してみた!

題名の通り、今日はロボットアームを作ってみたわけです。 少し上等テクを使いました。 テクというのは、「アーマチュア―」という技術です。 キャラクターアニメーションの技術でよく使われます。 作品はこんな感じ 制作時間はBlenderで15分程度 動画編集はAviUtlで行いました。 ちょっと勉強すれば、このくらいなら楽勝です。 細かい動きをつけていくと、アー…

続きを読む

気になる帽子

つい今朝のこと。 駅を降りて、いつも通う研究施設に向かう途中に公園がある。 (そこまで大きな公園ではない) 研究施設の近くに幼稚園があるもんだから、 よく園児たちが遊びに来ているところ目にするのだが・・・ あれはあの幼稚園の教育方針なのだろうか? 園児たちが揃って被っている帽子のデザインが妙に気になった。 頭から豚の耳のようなものが生えていた。 試しにCGで表現し…

続きを読む

キネシンをダイナミックに動かしてみた!

試しにキネシン(タンパク質)をダイナミックに動かしてみました。 クオリティーについては、今後の改善が見込まれます。 動画見て 「これ、クオリティー低いわー」 なんて思ってる人。 そんなこと言わないでください。 意外と動画に落としこむの、メンドイんですよ。 出力に時間も掛かるしな!

続きを読む

サイエンスCGの効果的な使い方 (2) ~説明資料としての使用~

今日もサイエンスCGの効果的な使用方法について考えてみました。 CGを用いることの意味として、 「視覚的に伝える」 というものがあります。 科学の世界は図や文章だけでは説明しきれない内容が 沢山あります。 そんな時、「分かりやすい図が欲しい!!」 となるわけです。 以前、下と同じ画像を紹介しましたが これはTA業務の際の説明資料に使ってみた画像です。 タンパク…

続きを読む

サイエンスCGの効果的な使い方 (1) ~ゴールをイメージする~

今回はサイエンスCGの効果的な使い方について触れてみたいと思います。 この使い方は最近気付いたのですが、僕の体験の範囲内で これが最も強力な使用方法だと感じます。 それは・・・・ 「ゴールを明確にイメージすること」 例えば、数日前にこのブログで 「未来の食産業考えてみた」的な調子こいてるもほどがある 投稿をしていましたが、あれはまさにそれにあたります。 …

続きを読む

サイエンスCGを勉強の軌跡を動画でまとめてみた!!

どうもです!! 今日は動画を作ってみました。 プログラミングの単位落としたけど、サイエンスCGを勉強してみた 今まで約半年間掛けてCGを勉強してきましたが、今回はその内初めの2か月くらいの内容を まとめてみました。 Youtube上にアップしております。 よければチャンネル登録をお願いします。 動画自体はAviUtlで編集しました。 所要時間は2時…

続きを読む

仮想ナノ粒子を緑色レーザーで励起させてみた!

今日はバリバリサイエンスで行きます。 今回は「レーザーによるナノ粒子の励起・発光」をCGで表現してみました。 制作時間:7分 制作方法さえ知っていれば、意外と簡単にできます。 粒子の発光はバイオ・物理研究において頻繁に登場します。 バイオ分野だったら、特定のタンパク質を粒子で標識して、それにレーザーを照射・励起させることで 発光を促しタンパク質の量や細胞中の所在を…

続きを読む

人気記事

最近のコメント