2次元表現も捨てたもんじゃない!

このブログでは3DCGを散々推してきましたが、最近になって「2Dイラストも良いな」 と感じる動画を発見したのでご紹介します。 動画中に出てくる絵の作者は、サイエンス(特に細胞生物学)のイラストレータ―です。 生物学研究者にはお馴染みのPDB(Protein Data Bank)ホームページ内にも、イラストは採用されています。 彼の絵を見て驚きましたが、細胞内の…

続きを読む

そもそも、どうしてサブカル??

どうも、祝日でもラボに出勤しているKeitaです。 いい加減生活の仕方考えないと駄目かもしれないですね。 家で過ごす時間が以前よりも少なくなってるし。 さて今日の話ですが、 最近、初めて僕の作品を見る人からこんな事を聞かれることが多いです。 「なんでサブカルなの??」 これは僕が個人での研究として、 「サブカルと3DCGを融合した新規科学表現方法の確立」を掲げていること…

続きを読む

3DCGでレポートにオリジナリティーは出せないか?という疑問

どうも、旅行帰り&花粉症のKeitaです。 先日、大学からレポート課題が出されまして、例によっては また面倒なデスクワークをしたわけです。 レポートというのは、少なからずオリジナリティー(独創性?)が求められる場合が多いですよね。 それに、最近だとコピペを直ぐに検知できるようなソフトウェアまで開発されているため 余計にオリジナリティーが求められたりしてます。 そこで考えた…

続きを読む

ディスカッションで気付いた予期せぬ間違い!

どうもです。 急な気温上昇で意識がハッキリしないkeitaです。 今回はイベント報告をしたいと思います。 先週の日曜日、株式会社リバネスの超異分野学会に行ってきました。 なんのことかサッパリな方はこちらへ。 「3DCGを使うことで論文の質向上に繋がるのでは?」 と考え、内輪のメンバーで調査に踏み切ったわけですが・・・・・ 来場者の人々と話をしていてスゴーーク重要な間…

続きを読む

3/13(日)株式会社リバネスの超異分野学会【関東大会】にてポスター発表します!!

お久しぶりです、Keitaです。 どうやらまた2~3週間更新を放置してしまったらしい。 別にサボっていたわけではありません。 「自分の代わりに記事書いてくんないかな?」なんて1ミリも考えてませんから。 今回は今週末に僕が参加するイベントの情報です。 「超異分野学会」 なんだか、何か凄そうな印象を受けるネーミングの学会です。 この学会は株式会社リバネスが主催する年1回のイ…

続きを読む

最先端バーチャルリアリティーの展示会でブースを企画してみた。

どうも。 連日の徹夜作業でまぶたの痙攣が止まらない啓太です。 卒論執筆及び発表会が終わり、一区切りがついたので2か月振りに寄稿しました。 今回はイベントレポートになります。 1.OcuFesが熱かった!! 2/21に秋葉原のベルサール秋葉原にて "アキバ大好き祭" が開催されました。 その中でも抜群に印象的だったのが、地下1階の "OcuFes"でした。 ゲーム、芸術、住宅モ…

続きを読む

CG量産の秘訣 ~貰う事の重要性~

どうも、「現実逃避」という言葉が頭にチラついているKeitaです。 卒論やらなんやらでブログの更新が滞っていましたが、今日こそは!! と思いパソコンに向かいました。 僕は「研究生活を支えるCG」を掲げて普段創作しています。 色んなエフェクトやらを追加するのではなくて、なるべく簡便に高品質な 研究説明図画の制作を目指しています。 しかし、そうであってもCGを創るには時間が要…

続きを読む

3DCGで画像をつくる意味って?? ~2Dイラストには無い利点~

実験結果が芳しくなく、「いい加減帰りたい・・・」なんて考えてるKeitaです。 3DCGがあーだこーだ1年近く言ってきた僕ですが、大事なことに忘れていました。 「なぜ3DCGが良いのか?なぜ2DCGで十分ではないか?」について全く触れてなかったんですよね。 本来なら、一番最初に触れておくべきだった。 そんなわけで今日は3DCGの強みを考えてみました。 そもそも3DCG制…

続きを読む

ボス兼CG師匠がAERAから取材を受けました!!

メディア部門メンバーとして動かせて貰っているShojinmeat Projectが昨日発売のAERAさんに掲載されました!ボス兼CG師匠が取材を受けました。 去年末に本格的に始まったばかりなのに、もうここまで来るなんて・・正直驚いてます。他のメンバーの方々の推進力を見習うばかりです。 僕の現在の研究テーマもモロ同じ系統なので、そちらの方にも尽力していきたいです。 理系のみで…

続きを読む

日本最高峰のScience CGに触れてみた! ~現行の医療CGの限界と今後の発展~

先日、早稲田大学にてSciementの瀬尾社長の講演会に参加してきました。 Sceimentをご存じない方はこちらへ 瀬尾社長は第一線で活躍するScience CGクリエイターであり、 総務省が発表した「異能ベーション」に採択された、通称「日本の変な人(らしい)」です。 なお、彼の名誉の為にも付け加えておきますが、ここで言う「変」というのは 卓越している「ネ申」、という意味に近…

続きを読む

CG師匠(Hanyu氏)が昨年度の作品をまとめた様です。 ~ご注文はVRですか??~

皆さん、明けましておめでとうございます。 何か久しぶりの投稿になってしまいましたが、気を取り直していきましょう。 今年も相変わらず、Science CGの可能性を追求していこうと思います。 今日はCG師匠(今の会社のボス)が去年制作したVR作品をまとめたとのことなので、 それについて書いていこうかと思います。 というか、新年1発目が他人の記事ってどうなんだろ? …

続きを読む

ちょっと宣伝!!

おはようございます。 今年の漢字が「安」に決まったようですが、もはやそんなことは どうでも良いと思ってるKeitaです。 今日はこの場を借りて、宣伝をさせて貰います。 僕がコアメンバーとして行っているScience CGサービス事業「SCIGRA」にて、 来年1月13日より、「Science CG塾」を開講することになりました。 しかも、これが第4期になるんです。意外かも…

続きを読む

何か・・・イロイロ進化してきました。

どうも。 仕事が山積みになっていますが、相変わらず呑気なKeitaです。 初めは、ホントに自分の研究を純粋に表現したかっただけなんです。 Electrospinningの装置を説明したかっただけなんです。 それがいつのまにやら・・・・・ こうなり 更にこうなり、 最終的にはこうなりました。 サブカルの力っ…

続きを読む

学園祭で使ったスライドを公開します!!

先日の学園祭にて発表で使用したスライドを公開します。 僕がプログラミングの試験に落ちたのに、 どうして3DCG制作にこぎつけれられたか・・・についてまとめました。 サイエンスを3DCG化してみた結果www from Keita Tanaka よろしければ、FacebookやTwitter等でのShareをお願いします。

続きを読む

3DCGを学んで分かった、サブカル文化人の3つの凄味

おはようございます。歯科矯正中で滑舌が最悪なKeitaです。 そろそろ、CGを学び始めてから丁度1年が経つ時期に差し掛かってます。 そろそろ、自分も次のステージに上がって行かなくては、と考える日々です。 今日は僕が1年間サイエンス3DCGを学んだことによって、どのような変化が自分に起きたか お話ししようと思います。 それは、、 「サブカルに対する姿勢、考え方が…

続きを読む

見学生にミク付のCGで研究紹介したら、ひかれた件 www

クシャミで鼻血が出たKeitaです。 昨日、所属している研究室に見学生がやってきました。 (男子勢5人。サブカルを使用するには申し分ない。)(←なぜだ?) そう考えた僕は、思い切って例のミクを放り込んだCG画像を交え研究紹介してみたんですが・・・ 正直、かなりひかれました 1人の男子を除いては。この子には是非入って貰いたい! 他のメンバーからも文句殺到しましたし、かな…

続きを読む

「京」コンピューターの成果説明について、比較的真面目に考えてみた。

サブカルに染まりつつあり、まわりからひかれつつあるKeitaです。 これについては、また別の機会にお話ししましょうか。 何週間か前のことでしょうか? 「無駄チェック」と称して、「京」コンピューターが色々駄目だしされてましたね。 社会に対して成果が上手く説明できていなかったことが原因らしいですね。 「予算に合った成果を国民に説明できていない」と批判されていました。 …

続きを読む

Sculptrisって何だ?? ハイレベル、しかし直感的なモデリング

ここのところ、「スカルプト」というモデリング技術が気になって仕方ないKeitaです。 今回はSculptrisというフリーソフトについて紹介します。 僕もまだ二日しか使ってませんが、かなり魅力的なソフトだと感じます。 Sculptrisとは有機的な形状を直感的にモデリングするために開発されたツールで、株式会社オークが無料で配布しているソフトです。 開発サイトはこちら 下のような…

続きを読む

胃と膵臓を組み合わせますた。

おはようございます。 夜9時でもノリで実験を推し進めるKeitaです。 昨日は膵臓のモデリングについて紹介させて頂きました。 まだご覧になってない方はこちら 今日は胃のモデリングができたので、膵臓と組み合わせてみました。 実際、膵臓は胃の裏側に位置しています。 ポイントは膵頭部が胃から出る十二指腸に位置することです。 ここで消化液が腸側に供給されるんです。 …

続きを読む

膵臓モデリング!スカルプトの威力

昨日、芸大で展覧会を観に行ってきました。 詳しくは前の記事をご覧ください。 こちら そこで「Sculptris」というモデリングツール(完全フリー)の使用方法を学んだので、 今回は幾つか臓器を作ってみました。 なんで臓器なのか?と疑問に思われる方もいると思います。 それは臓器のような複雑な構造(ヒダやブツブツなど有機的な形状)を作るには、 「スカルプト」というモデリング方法…

続きを読む

人気記事

最近のコメント