研究者の説明図画制作  ~制作依頼に対するの意識調査~

皆さんは、研究発表にイラストは使ってますか? 先日面白い資料を読んだので、今回はその記事にしようと思います。 テーマは「科学者によるサイエンスイラストレーション作成の実態」という調査報告です。 筑波大学の先生を中心に設立されたサイエンスビジュアライゼーション研究会が手掛けたものです。 この調査報告では、イラストの使用の意義を (1)直感的な理解 (2)詳細な情報の正確…

続きを読む

Science CG アドバイザーって何する仕事なの?

最近何人かの方から僕の仕事について質問されたので、この場を借りてお答えしようと思います。 質問内容は 「Science CGアドバイザーって何する仕事なの?」 です。 まず大前提として言えるのは、「Science CG アドバイザー」は僕が勝手に名乗り始めた 肩書であり、資格があるわけでも、ましてや世間一般に認知されてすらいない職業です。 なので決まりきっ…

続きを読む

プロポーショナル編集でニュアンス付けをやってみた。

今日は少しだけテクニック寄りの内容を書こうと思います。 最近、個人制作で腸の細胞の模式図を作ってみようと思いました。 デフォルメの立方体を編集モードで変形させて、とりあえず下の様な物が出来上がりました。 突起は繊毛と言われ、細胞表面積を大きくし栄養吸収を効率にするために存在するとされます。 これはこれで悪くは無いのですが、どうにも有機的ではない印象がします。 …

続きを読む

多孔質フィルムを作製するBreath Figure法

ホントに久しぶりの投稿になってしまいました。 最近、研究をしていて面白い実験手法が発表されていたので書いてみます。 突然ですが、「多孔質フィルム」と聞いてイメージは湧くでしょうか? 下の画像のような、細かな穴が無数に空いた構造のフィルムです。 蓮の葉の表面の微細構造を人工的に模倣することにより、超撥水性の材料を 作る研究などが実際に行われています。 ところ…

続きを読む

「培養肉作って食べてみた本」の反応を自慢するだけの記事

発表会への準備やらで大分投稿が遅れて今いました。 コミケからかれこれ3週間程経ちますが、培養肉本の反応が続々と出ているので ここに並べたいと思います。 良くも悪くも日本にも少しでも議論を巻き起こせたら嬉しいと思っていましたが、 本当にそうなった模様です。 comic zinで見かけて、Twitter製作者さんフォローして、たまに流れてくるサンプル4コマを見てたら、い…

続きを読む

コミケ(C90)で「培養肉作って食べてみた本」出した話

お久しぶりです、Keitaです。 先日のコミックマーケットでのサークル出展レポートを書こうと思います。 今回、Hanyu氏のサークル "Cyanos Files"に委託の形でお邪魔し、評論本を販売しました。 題名は「人工培養肉作って食べてみた本」(サークル名:Co-Lab)です。 Shojinmeat Projectとして学外でおこなった研究をまとめました。前日の下見で「…

続きを読む

Science CGはビッグアイディアではない。しかし一方で・・・

どうも、多分2日ぶりの投稿です。 急に何でこんな題名で投稿したかというと、つい昨日研究仲間から ある事を指摘されたことがきっかけです。 彼は僕がScience CGアドバイザーとして活動していることを以前から知っていました。 そんな彼とお互いの仕事について話していると・・・・・ 「でもそれって、ITとかと比べたら社会に還元できるものって小さくない??」 と言われました…

続きを読む

社内でScience VR検討会をやってみた! 「使い道」が重要という事実

3日ぶりの投稿です。 今回は昨日僕が所属する会社「インテグリカルチャー株式会社」 で行ったバーチャルリアリティー(以下VR)検討会の記録について書こうと思います。 メディアでも度々報道されていますが、VRは広告やアトラクションなど様々な範囲で 応用が期待されています。これから益々成長が期待されるメディアです。 かくいう僕らも3DCG制作を扱っているのもあり、VRの科学表現へ…

続きを読む

Science CG塾 ここまでに至るまでの経緯イロイロ

さてさて、今回は僕が講師を務めるScience CG塾の話でも書こうと思います。 少しずつ「CG塾について知りたい」という方が出てきたので丁度良いタイミングだと思いました。 特に「今まで運営でどんな改善をしてきたのか?」を書き記しておきます。 CG塾は去年の春ごろから本格稼働し、現在では第6期になっています。 「CG未経験でも、ノートPCでも、初期投資ゼロでも作れるScience…

続きを読む

「光の操作のみで・・・」 「背景画像を設定するだけで・・・」 というお話

画像の見栄え向上のテクニックを探していたら、新たな発見があったのでお知らせします。 勿論、Science CGは正確さが第一。正直言えば見栄えは二の次になることが多いです。 しかし、画像の見栄えが良い方が注目を浴びやすいことは事実。 ポスター発表でも、なんやかんや目を引くポスターが注目を浴びることになるのは、 学会に参加経験のある研究者の方々なら、なんとなく身に覚えがあるのでは?…

続きを読む

科学系情報サイト "SIG" にてコミケ本が紹介されました!! ~培養肉は世界を救う?~

どうも。Keitaです。 またまた前回の更新から時間が経ってしまいました。 今回はちょっと進捗報告でもします。別に怠けてたわけでは無いことを証明するために。 以前、2週間後のコミックマーケット90(夏コミ)にて「培養肉 評論本」を出すと 記事を書きました。まだ見ていない人はこちらを確認どうぞ! そんな内容の記事を書いたりしていたら、科学系情報サイト "SIG" 運営の「…

続きを読む

MITのツイッターアカウントに見る研究広報力

つい先日の出来事。 仕事仲間の人から 「MITのツイッターアカウントを見てみ。CGが凄い多いから・・」 という情報を頂いたので、興味本位で確認してみました。 MIT(マサチューセッツ工科大学)の公式アカウントのツイートを眺めてみると、 確かに3DCGを使ったものが多い。動画形式のものある。下に実際の例を挙げておきます。 A new way to “phase …

続きを読む

「培養肉作って食べてみた本」 コミケに来る!

今回は個人的な告知をさせて頂きます。 次回の夏のコミケの8月14日(3日目)にサークルとして参加します。 僕のサークルは抽選洩れになってしまったので、急遽「委託」として ハニュー氏の「VRミク」サークルに入ることになりました。 ミクのVRをやっている横で「薄い本」を売ることになりました。 場所は e08b です。 今丁度編集作業に入っていますが、こんな感じの内容になります…

続きを読む

科学コミュニケーションの本当の目的って??

こんにちは、今日も書いて行こうかと思います。 仕事の関係で「サイエンスコミュニケーションとはなんぞ??」という調査を する必要があったので、上司のハニュー氏が科学未来館に行ってきました。 その時に聞いた話です。 (画像は wikipediaページ より引用) 僕らはScience CGを科学コミュニケーションに役立てるということを考え、事業をしています。 しか…

続きを読む

Science CGがVR向けだと思う3つの理由

実験が積み重なって随分更新が遅くなってしまいました。 つい2週間ほど前のこと、久々に秋葉原に仲間と繰り出した時のこと.... とあるPCショップで "VR(バーチャルリアリティー)専用" PCなるものを発見しました。 他の機種でもVRを体験することは可能ではありますが、性能やUSB接続数などの仕様によっては 出来ないPCもチラホラ、という現状を打破するために作られたものらしいです…

続きを読む

【どこまでやる?】Science CG 習得のひとまずのゴールと方針

こんにちは、実験が一区切りしたところで投稿します。 CG塾の講師業を始めて、なんやかんや1年経ちました。 塾業をやっていて意識しなくてはならないことと言えば、 「受講者の方々にどこをゴールに目指して頂くか?」です。 単に「全9回の講座を受けた!」だけではあやふやです。 というわけで現状で僕が考えるScience CG初心者の方の "ゴール"を提示しようと…

続きを読む

【これもある意味テクニック??】改めて感じた視覚化による目標共有の意義

どうも、昼寝からの寝起きではありますが記事を書こうと思います。 僕は以前から「目標・ゴールを明確にする」という目的でScience CGの使用意義を語ってきました。 分かり易い状態で目標を具体的に表現できると、やはりモチベーションが上がりますからね。 今日はその発展バージョン、「仲間と目標を共有する」という意義に着目してみようと思います。 このことを考えるきっかけ…

続きを読む

【CGを勉強し始めようとしている人へ】日本語よりも英語です!

こんにちは、Keitaです。 最近、一緒にCGを勉強する人が増えてきてある質問を受ける回数が増えました 「Blender 3Dを日本語設定にしたいんですが・・・」 ということです。 Blender 3Dは、デフォルトでは英語設定になっていますが、世界中にデベロッパーが いるという背景もあり、実際は20か国語以上に対応しています。 勿論、日本語にも例外では無くボタン1つ…

続きを読む

【手軽にScience CG制作を習得!!】動画投稿サイトの活用法

どうもです。最近、午前4時起きの生活を始めました。 ブラック研究室に居るわけではありません。 CGの勉強時間を創るために活動時間を変えてみたんですね。 さて、今日は僕が普段やっているCG制作の勉強法を紹介しようと思います。 CG制作技術の勉強といえば、「教本を買う」や「オンライン講座を利用する」といった方法があります。 確実に学ぶのであれば、デジタルハリウッドのオンライ…

続きを読む

【Science CG動画には必須です!】シグナル活性経路の3DCG動画で表現した時の絵コンテ

どうもです。 「動画を制する者は、科学コミュニケーションを制す」 という言葉が有ります。 これは僕が風呂に入りながら10秒で考えたそれっぽい言葉です。 信用性に欠けると思われるかもしれませんが、 やはり静止画よりも動画の方が話の展開が掴み易い。 特に分子細胞生物学みたいに、色々なタンパク質やら分子やらの動きを 含む者にはおあつらえ向き。 そんなわけで、まだ僕がSc…

続きを読む

人気記事

最近のコメント