電気泳動装置 ~相変わらずラボの機器はモデリングし易い~

はい、そんなこんなで今日も新しい作品を発表しようと思います。
「何か良い物は無いだろうか??」
と分子生物学の教科書を読んでいたら、ありました。

電気泳動装置

こんなに角があって、モデリングし易いものってそうないですよね。
実験機器の中でも単純な形状トップ3には入るんじゃないかと。
少し手順を考えれば、慣れない人にも出来てしまいます。


electrophoresis3.png


少しこだわったは、アガロースゲル中に入っているバンドです。
この状態でバンドが見えるのは不自然なんですが、あくまでも模式図的に入れてみました。
"Halo"という霧の表現に使われる手法を、やや控えめに用いています。


そろそろBlenderを勉強し始めて3年目に突入しようとしていますが、
未だにラボの実験機器はモデリング練習の対象になっています。


そろそろ自分も深く勉強しなくては、と思うのがライティング(照明設定)です。
このあたりが玄人になると、見栄えが一層綺麗になるからです。
electrophoresis2.png


試しに少し照明を赤く設定してみました。
前の画像よりも少しバンドが鮮明になった気がします。
実際の説明図画ではここまで求められることは無いですが、演出面でも頭が回ると
もっと良い物が出来上がると思ってます。


それでは今日はこんなところで!!

この記事へのコメント

人気記事

最近のコメント