Oculusをやってみて分かったこと。 ~VRの現状と今後~

こんにちは、夕飯後のヨーグルトで便通に回復の兆しが見えたKeitaです。


先日、学園祭の個人展示にてOculusを使用したVRの展示をやってみました。
Oculusの基本的原理は、左目用と右目用それぞれの動画を並べ同時に見ることで
立体視することになります。
色々とPCの設定がややこしく苦労する点が多かったですが、なんとか
展示にこぎつけた・・・・という感じでした。


014_m.jpg
http://gigazine.net/news/20140320-oculus-rift-dk2/ より引用)


結果的にチビっ子たちに評判が良く、一時はそこそこ長い列ができました。


しかし、です。


使ってみて分かりましたが、OculusのVRは色々と問題が山積していることを実感しました。
気が付いた点をいくつかご紹介します。


(1)見え方に個人差がある。
展示をやっていて、これが一番問題でした。
というのも、年齢や性別、視力が見え方にモロに影響してくるんです。
特に子供と大人は目の焦点距離が異なります。
ということは、3D映像の見え方も異なります。
人によっては左右の画像がずれて見える事もあります。
俗にいう「3D酔い」というのは、ここから生じることが多いようです。


(2)明度の調節ができない。
これも体験してみて分かった問題でした。
動画を再生していると、暗い色が多いシーン、明るい色が多いシーンと
様々な状態があります。
明るいシーンは暗いシーンに比べ、眩しく感じることが多いです。
理想としては、Oculusが色の明るさを自動判定し、画面の輝度を調整してくれると嬉しいです。



(3)使用PCによっては限界がある。
これが最後ですが、やはり使用できるPCに限界があるのが痛いです。
僕のPCは3年ほど前に購入したノートPCですが、Oculusの最新版Runtimeでは使用できませんでした。
何度PCに接続しても"No Tracker Attached"という表示がでるばかり。
ネットで調べてみると、どうやら世界中で同じ問題を抱えている方がいらっしゃる模様。
因みにVRは顔を動かすと視点が変化するのですが、Trackerが認識されなければそれが起きません。
グラボ(グラフィックボード)を積んだPC(特にゲーム用)は高確率で使用できるようです。



まとめますと、使用する人・状況によってまだまだバラつきがある、というのが印象です。
この辺りは開発者達の今後の課題となるようです。
早く進化してくれ・・・と願うばかりですな。

この記事へのコメント

人気記事

最近のコメント