Science CG塾 ここまでに至るまでの経緯イロイロ

さてさて、今回は僕が講師を務めるScience CG塾の話でも書こうと思います。 少しずつ「CG塾について知りたい」という方が出てきたので丁度良いタイミングだと思いました。 特に「今まで運営でどんな改善をしてきたのか?」を書き記しておきます。 CG塾は去年の春ごろから本格稼働し、現在では第6期になっています。 「CG未経験でも、ノートPCでも、初期投資ゼロでも作れるScience…

続きを読む

「光の操作のみで・・・」 「背景画像を設定するだけで・・・」 というお話

画像の見栄え向上のテクニックを探していたら、新たな発見があったのでお知らせします。 勿論、Science CGは正確さが第一。正直言えば見栄えは二の次になることが多いです。 しかし、画像の見栄えが良い方が注目を浴びやすいことは事実。 ポスター発表でも、なんやかんや目を引くポスターが注目を浴びることになるのは、 学会に参加経験のある研究者の方々なら、なんとなく身に覚えがあるのでは?…

続きを読む

科学系情報サイト "SIG" にてコミケ本が紹介されました!! ~培養肉は世界を救う?~

どうも。Keitaです。 またまた前回の更新から時間が経ってしまいました。 今回はちょっと進捗報告でもします。別に怠けてたわけでは無いことを証明するために。 以前、2週間後のコミックマーケット90(夏コミ)にて「培養肉 評論本」を出すと 記事を書きました。まだ見ていない人はこちらを確認どうぞ! そんな内容の記事を書いたりしていたら、科学系情報サイト "SIG" 運営の「…

続きを読む

MITのツイッターアカウントに見る研究広報力

つい先日の出来事。 仕事仲間の人から 「MITのツイッターアカウントを見てみ。CGが凄い多いから・・」 という情報を頂いたので、興味本位で確認してみました。 MIT(マサチューセッツ工科大学)の公式アカウントのツイートを眺めてみると、 確かに3DCGを使ったものが多い。動画形式のものある。下に実際の例を挙げておきます。 A new way to “phase …

続きを読む

「培養肉作って食べてみた本」 コミケに来る!

今回は個人的な告知をさせて頂きます。 次回の夏のコミケの8月14日(3日目)にサークルとして参加します。 僕のサークルは抽選洩れになってしまったので、急遽「委託」として ハニュー氏の「VRミク」サークルに入ることになりました。 ミクのVRをやっている横で「薄い本」を売ることになりました。 場所は e08b です。 今丁度編集作業に入っていますが、こんな感じの内容になります…

続きを読む

科学コミュニケーションの本当の目的って??

こんにちは、今日も書いて行こうかと思います。 仕事の関係で「サイエンスコミュニケーションとはなんぞ??」という調査を する必要があったので、上司のハニュー氏が科学未来館に行ってきました。 その時に聞いた話です。 (画像は wikipediaページ より引用) 僕らはScience CGを科学コミュニケーションに役立てるということを考え、事業をしています。 しか…

続きを読む

Science CGがVR向けだと思う3つの理由

実験が積み重なって随分更新が遅くなってしまいました。 つい2週間ほど前のこと、久々に秋葉原に仲間と繰り出した時のこと.... とあるPCショップで "VR(バーチャルリアリティー)専用" PCなるものを発見しました。 他の機種でもVRを体験することは可能ではありますが、性能やUSB接続数などの仕様によっては 出来ないPCもチラホラ、という現状を打破するために作られたものらしいです…

続きを読む

人気記事

最近のコメント